画期的!こんなの欲しかった、米国発のバッテリー内蔵iPhoneケース

前作でも人気シリーズだったmophie(モーフィー)のJuice Pack Plus for iPhone 6 (3300mAh)、Juice Pack Air for iPhone 6(2750mAh)の製品レビューをお届けします。

画期的なバッテリー内蔵ケースはiPhone 6でも健在。「mophie」は、米国カリフォルニアを拠点とするモバイルアクセサリーブランドで、革新的なソリューション・デザインを提供しています。左がJuice Pack Plus、右がJuice Pack Airですね。


どーん。こちらがJuice Packの全貌です。クールでスタイリッシュな雰囲気が満載。今回ご紹介の色はツヤのあるホワイトとツヤ消し加工のゴールドとなっています。あとラバーコーティングのブラックもありますよ。


パカっ。ケース上部がこのように取り外せるようになっています。LEGOみたいで男子の心をわしづかみ間違いなし!?ライトニング端子が首を長くして待ち構えています。


iPhoneをスーっと入れていきます。見事にピッタリおさまりました。あっ、画面はわれらがソフトバンクセレクションオンラインショップのスマホサイトです(PR)。
バッテリーとケースが一体化することで、いつでも好きなときにiPhoneに充電できちゃいます。しかもこのバッテリーケースをつけたままiPhone本体とバッテリー(ケース)を充電できるので、外出前にバッテリー充電するの忘れた!なんてことはもう心配ありません。


裏返してみました。ところで、Juice Packシリーズはアップル社が定める性能基準を満たしていることを保証した「Made for iPhone」認定製品で、装着時の電波干渉や装着テストなど、厳しい検査項目に合格したことを意味している信頼性のある製品です。ふむふむ。


接写モードその1。一見、音が聞こえにくくなるようなイメージがありますがそんなことはありません。サウンドループ構造を採用することで、スピーカーからの音を塞がないよう設計されています。これで毎度音楽を聞くたびにケースを外す必要はありませんのでご安心を。


接写モードその2。 右側のスイッチで充電ON/OFFの切り替えができます。このスイッチひとつで簡単にすぐ充電できます!また、バッテリー残量と連動したLEDインジケータで直感的に残量確認できるのも嬉しいポイント。左側のバッテリーチェックボタンを押すとLEDが点灯するんです。


ポケットにもすっぽり入ります。ケース単体としてみた場合でも質感があっておしゃれですね。


充電しながら電話しているところ。丸みのあるデザインだから持ちやすいフォルムになっています。うっかりiPhoneを落としてしまった時でも、iPhone全体を頑丈なポリカーボネート製ケースで保護し、入念に設計された内部バンパーで衝撃を吸収してくれます。


以上、いかがでしたでしょうか。


最後に肝心のバッテリースペックとしましては、Juice Pack Plusが本体内部に3,300mAhのバッテリーを搭載し、iPhone 6を120%延長してお使いいただけます。例えば、あくまで理論値ではありますがパケット通信で最大12時間、ビデオ再生で最大13時間、音楽再生で最大60時間もiPhoneの使用時間を延長することができます。

Juice Pack Airは2,750mAhを搭載。パケット通信最大10時間、ビデオ再生最大11時間、音楽再生最大50時間、iPhoneの使用時間を延長することができます。

ぜひ一体型iPhoneケースのある生活をお楽しみください。

mophie Juice Pack Air for iPhone 6 (2750mAh)

mophie Juice Pack Plus for iPhone 6 (3300mAh)

mophie Juice Pack for iPhone 6 Plus(2600mAh)

blog_btn_01_(1).jpg

レポーター情報

著者アイコン
George
神奈川出身の元高校野球児。高校通算本塁打3本。
現役引退後、約20年を経て野球熱が再び高まっている模様。本WEBマガジンの編集長でもある。
スマホアクセサリーってなんか楽しい!と思ってもらえるよう全力投球中。

このレポーターの他の記事を見る
http://blog.softbankselection.jp/blog/reporter/george/

関連記事