【iPhone裸族必見】薄さの限界に挑戦!その厚さ0.4mmのiPhone 6s/6ケース。

オンラインショップでも人気の、『SoftBank SELECTION EQUAL ultrathin for iPhone 6s/6』ケース。その人気にはわけがあった!潜在裸族、裸族必見、薄さ0.4mmの挑戦をご紹介します♪

限界域の0.4mm※までの薄さを追求。iPhoneとの究極の一体感を実現

パッケージから取り出したケースを持った第一声は、“えっ!?”これってプラスチック?正直パッケージの中にケースを固定するプラスチックと見間違える程の薄さ。繊細過ぎて壊れてしまうのでは無いかという程の薄さ。プラスチックの限界域とされている0.4mmへの挑戦!

※表面コートを除いた数値

4560156044328.PT09.jpg

まるで何もつけていないような感覚

3パターンで比較してみた

下から、ケース無、ultrathin装着、某メーカハードケース装着し比較してみた何もつけてないのとほぼ変わらない!

IMG_1133_1.jpg

手に取り薄さを比べてみた

ケースをつけても厚みを感じられない!

IMG_1143_1.jpg

大都会のビル群を眺めてみた

この透過率!0.4mmからの眺めです。

IMG_1186_1.jpg

これでおわかりいただけますでしょうか?この薄さ、重さ6g、何もつけてないようなフィット感。初めての感覚です。

取り外ししやすいように、角にスリットを入れたきめ細かな気配り!

このスリットあなどれません。スリットが入っている事によりスムーズな取り外しができます。ケースってジャストフィットなのは良いけど、取り外す時に逆に外れにくいって事ありますよね?そんな手間を省いてくれます。

4560156044328.PT11b.jpg

スリットはこんな感じで入ってます

IMG_1130-1.jpg

スムーズに取り外すには、ちょっとしたコツがあります

製品にも同梱されている使い方ガイドでスムーズに取り外しできます。強引な外し方をしてケースが割れてしまった・・という経験をされている方もこれで安心ですね!

使い方ガイド.PNG

表面に防キズ加工の特殊コーティング、小さなキズも防ぐ

日常生活で自然に小さなキズがついてしまう事ってありますよねっ、お気に入りのケースが気が付いたら小さなキズだらけ><なんて事も。それだけ大切なiPhoneを守ってくれたんだなと思いつつ・・でもケースも気になるを解消してくれる、特殊コーティングが施されてます。

IMG_1146_1.jpg

手に取る姿もスマートに決まる!

iPhone 6s/6にキズつけたくないけどケースも好きじゃない、極力iPhone 6s/6のデザインをそのまま生かしたい、なんて人も多いですよねっ。これなら日常生活の細かなキズからも守ってくれて、ケースをつけている感覚はまるで無し。この感覚は手に取り装着して初めて実感できるのかもしれません。

T_A4_082910193.jpg

カラバリは全部で3色!クリアを基調としたさりげないカラー

thin.JPG

SoftBank SELECTION EQUAL ultrathin for iPhone 6s/6

まるで何もつけていないような、常識を覆す超極薄ハードケース

iPhone 6s/6 Plusのアクセサリー特集ページもご参考に!

bnr_iphone6s_420_350.jpg

アンチケース派の約8割が「こんなケースなら使いたい!」 iPhone 6s/6 向けの極薄ハードケースが登場』でも詳しく紹介してます!

shin_momizi.PNG

以上『【iPhone裸族必見】薄さの限界に挑戦!その厚さ0.4mmのiPhone 6s/6ケース。』でした。いかがでしたでしょうか?この0.4mmの挑戦を体験してみませんか?

▼その他の商品を探す▼

blog_btn_01_(1).jpg

レポーター情報

著者アイコン
おかぴん
大阪出身。いちごが好き。
関西人らしく、突っ込み(たまにボケ?)の精神で色んな疑問や不思議に切り込んで、読者の方にわかりやすいレポートをお届けしていきたいと思います。

このレポーターの他の記事を見る
http://blog.softbankselection.jp/blog/reporter/okapin/

関連記事