2年保証のiPhone向けタフケーブル「Tough Cable with Lightning Connector」がいかに切れないか…屈強そうな人間がひっぱってみた

iPhoneの充電中の過ごし方は人それぞれ。その中でもベッドやソファでゆっくりしながらiPhone操作をする人が多いのではないでしょうか。

こんな使い方、していませんか?

4580152974337_10.JPG
ベッドやソファでiPhoneを操作するといったような使い方によって多く発生するのが、ひっぱりによるLightningケーブルの断線や、カバーの破れ。
Lightningケーブルをひっぱったり、負担がかかる動作をすることによって、LightningケーブルがiPhoneを充電できなくなるケースが多いそうです。

お気に入りのLightningケーブルで充電できなくなってしまうのは悲しい・・・。

4580152974337_11.jpg
少しくらい高いお金を出しても、長持ちするLightningケーブルが欲しい~!それが皆さまのお声ではないでしょうか。

そんなあなたにおすすめなタフケーブルが出ました!

4580152974337_12.jpg
SoftBank SELECTION Tough Cable with Lightning Connector

既存のSoftBank SELECTION Lightningケーブルと、その引っ張り具合を比較

4580152974337_08.jpg
4580152974337_09.jpg
iPhoneを充電している様子。タフケーブルの方が、どことなく張りがあるのがわかりますね。

イメージが付かないそんな人のために・・・タフケーブルがどのぐらいタフが実験してみた

「Tough Cable with Lightning Connector」と、某メーカーのケーブルを引っ張ってみて、その強度を比較してみることにしました。
この実験にご協力してくださったのは「Tough Cable with Lightning Connector」の産みの親にして、SoftBank SELECTIONで1位2位を争う(?)屈強な人間である開発担当者の中村氏と秋山氏。

(※ここからはイメージ画像とともにお送りいたします)

まずは、某メーカーのケーブルを引っ張ってみる

4580152974337_03.jpg
中村氏、力いっぱい某メーカーのケーブルを引っ張ってみます。
(※あくまで実験上のイメージです。実際は、取扱説明書の内容を守ってご利用ください)

4580152974337_04.jpg
ケーブルが引っ張る力に負けてしまい、カバーが破れ、一部断線してしまいました。
(※あくまで実験上のイメージです。実際は、取扱説明書の内容を守ってご利用ください)

続いて、「Tough Cable with Lightning Connector」を引っ張ってみる

4580152974337_05.jpg
中村氏、渾身の引っ張り。


4580152974337_06.jpg
切れてなーい!です。
(※あくまで実験上のイメージです。実際は、取扱説明書の内容を守ってご利用ください)


最後に、「Tough Cable with Lightning Connector」で綱引きをしてみる

4580152974337_07.jpg
中村氏と秋山氏、男を懸けた戦い・・・。
4580152974337_06.jpg
それでも、切れてなーい!です。
(※あくまで実験上のイメージです。実際は、取扱説明書の内容を守ってご利用ください)

もちろん充電も問題無し

4580152974337_06_01.JPG
ばっちり!
(※あくまで実験上のイメージです。実際は、取扱説明書の内容を守ってご利用ください)

「Tough Cable with Lightning Connector」がタフなケーブルの秘密

4芯ケーブルってどうすごいの?「毛利の三本の矢」的な?

4580152974337_01.jpg

多くのケーブルは、3芯構造。でもタフケーブルは4芯構造。
「数が多ければ丈夫になるのかな?「毛利の三本の矢」的な?」と思ったのですが、どうやらもっと深いようです。

【秘密①】4芯にするために、グランド(電源の基準となる線)を独立

グランド(電源の基準となる線)を独立したとは、どういうことなのでしょうか?
4580152974337.jpg
上の図の、「シールド」という部分にご注目ください!
シールドいう網目状の繊維は、外部からのノイズの干渉を防止する役割がある覆いのことです。
多くのLightningケーブルでは、この覆いに「グランド(電源の基準となる線)」を一緒に編み込んで、電流を流す役割を兼ねさせること多いとのこと。
ですが、この「シールド」は網目状なこともわかるように、曲げやひっぱりによってちぎれやすいのだそうです。
「グランド線(電源の基準となる線)」を一緒に編み込んでいる「シールド」がちぎれてしまうと、もちろん「グランド(電源の基準となる線)」も切れてしまうことになるので、LightningケーブルでiPhoneが充電ができなくなってしまいます。

そこで、「シールド」と「グランド(電源の基準となる線)」を別々にする

今回のタフケーブルは、「シールド」は「シールド」、「グランド(電源の基準となる線)」は「グランド(電源の基準となる線)」として別々にすることで、たとえシールドが曲げで破れたとしても、芯ケーブルが無事なら電流は流れるので、ちゃんとLightningケーブルでiPhoneを充電できるというわけです。

4芯にすると、屈曲やひっぱりに強くなるというのは、こういうことなんですね!

【秘密②】強化繊維を増やして、ひっぱりと屈曲への耐久性をUP↑

4580152974337_02.jpg
芯ケーブルの添え木のような役割をするのが強化繊維。
既存のSoftBank SELECTIONのLightningケーブルより、強化繊維の量が多くしているのがタフケーブルの特長です。

強化繊維を増やすと、芯ケーブルの半田付けなどが難しく、品質のチェックがより厳しくなってくるのですが、耐久性のために頑張ったとのことです。

最後に開発担当者たちからひとこと。

冗談まじりにお送りしてきましたが、このタフケーブルに懸ける開発担当者、品質担当者たちの気持ちは本気です!

開発担当 中村氏

お客様の使うシーンを想定し、製品のコンセプトを忠実に守りました。自分でも愛用するほど、非常に良い製品が出来上がっています。絶対におすすめです!!

開発担当 秋山氏

形状や素材の組み合わせで十種類以上のサンプル作成し、さまざま使用シーンを想定した試験で最もよい結果がでたものを採用しました。
ケーブル断線の経験があるお客様に是非使って頂き、その差を体験していただきたいです。

(今回顔は出ていないですが)品質管理担当 山形氏、張氏

「他メーカーより良いものを」と、お客様窓口に寄せられたご意見を元に、お客様の使い方を研究し、開発/商品化につなげました。工場と協力して良いモノづくりが出来たと思っています、おすすめします!

担当者のこだわりが詰まったタフケーブル、ぜひ試してみてください!私もこれから愛用します^^

以上、『2年保証のiPhone向けタフケーブル「Tough Cable with Lightning Connector」がいかに切れないか…屈強そうな人間がひっぱってみた』でした。

4580152974337_12.jpg

Tough Cable with Lightning Connector

【期間限定】WEBマガジン読者限定500円クーポン!!

この記事を読んで頂いた読者限定の500円クーポンをお送りします。SoftBank SELECTIONオンラインショップでのショッピングに是非ご活用ください。もちろんこの記事で掲載している製品も対象となります。

500円割引クーポン
WMAG500

※利用期限:2017年5月31日24時まで

※2,500円以上のご購入でご利用頂けます。

blog_btn_01_(1).jpg

レポーター情報

著者アイコン
リリー
汐留キラキラOLを目指して日々精進中の7年目。最近の休日の過ごし方は飲みor愛犬の散歩。レポーター初心者なので手さぐり状態ですが、みなさんにスマホアクセの魅力、お伝えしていきます☆彡

このレポーターの他の記事を見る
http://blog.softbankselection.jp/blog/reporter/lily/

関連記事