iPhoneでWi-Fiがつながらなくなったときの対処法

iPhoneを使っているとき、Wi-Fiをオンにしているのに繋がらないことはありませんか? インターネットや動画鑑賞をスムーズに行うには、Wi-Fi環境は必須。Wi-Fi環境があるのに繋がらなくて困っているなら以下の方法を試してみましょう。

iPhoneの設定をチェック

12-2e_10736004622_2.jpg

まずはiPhone側に問題がある場合。iPhone本体の設定を見直すことで案外簡単に解決する可能性があります。

  1. Wi-Fiをオン・オフ

ホーム画面の下部を上方向にスワイプし、コントロールセンターを表示します。接続中のWi-Fiをオフにし、数秒後にオンにしてみましょう。これだけで通信が安定する場合があります。

  1. 機内モードをオン・オフ

1と同様にコントロールセンターを起動し、機内モード(飛行機マークのアイコン)をオンにして、数秒後にオフにします。通信状態が正常に戻る場合があります。

  1. iPhoneを再起動してみる

Wi-Fi以外の不具合がある場合も再起動は有効な手段です。電源ボタンを長押しして電源を切った状態で、再度長押しして起動させてみましょう。

  1. ネットワーク設定をリセット

ホーム画面から設定を開き、「一般」を選択。画面下部の「リセット」から「ネットワークの設定をリセット」をタップして初期化。ただし初期化するとWi-Fi情報のほかにBluetoothなどのネットワーク設定もすべてリセットされるので注意しましょう。初期化する場合はパスワード等の必要な情報はあらかじめメモしておきましょう。

Wi-Fiルーターをチェック

12-2e_10736004622_3.jpg

上記の方法でWi-Fiが接続できないようであれば、ルーター側に問題がある可能性も。自宅や職場のルーターをチェックしてみましょう。

  1. ルーターの電源をオン・オフ

いったんルーターやモデムの電源を切り、数分後に再起動すると通信が改善する場合があります。

  1. ルーターの場所をチェック

電波を妨げる場所にルーターを置いていないか確かめてみましょう。テレビ、コードレス電話などの電子機器の近くにルーターを設置するのは電波を干渉するのでNG。コンクリートの壁に挟まれた角も電波を遮断するので好ましくありません。周囲に障害物がなく、部屋の高い位置にルーターを置くのが電波を拾いやすくするコツ。

  1. ルーターの故障の可能性

ルーターの寿命はおよそ3年。使い方や環境によって寿命の期間は大きく変わりますが、Wi-Fiが途切れがちな場合は故障しかかっているかもしれません。以前に比べてインターネットの接続が遅くなっていたり、動画鑑賞中にたびたび一時停止したりするようであれば要注意。

無線LAN中継機を設置する

12-2d_10143001853.jpg

Wi-Fiルーターに問題がなくても、室内の環境によっては電波をキャッチしづらい場所もあるはず。そんなときは中継機を使用するのも一つの手です。

無線LAN中継機とは、ルーターからのWi-Fi電波をキャッチし、通信環境の悪い場所にもすみずみまで電波を届けてくれる機器。

密閉性の高いトイレや浴室、別階などルーターからの電波が届きにくい場所でもWi-Fiがサクサク使えるわけです。いわば、中継機はWi-Fiエリアを繋げて広げる、見えないタコ足配線のようなもの。

コンセントに直に差し、WPSボタンでワンタッチ接続する簡単設定タイプの中継機もあるのでおすすめです。

12-2e_10736004622.jpg

急にWi-Fiに接続できなくなったからといって焦ることはありません。iPhoneやルーターの設定を見直すだけで意外と簡単に問題が解決することがあります。また、Wi-Fiを接続できない原因を特定しておくことで今後スムーズにネットワークを利用することができます。上記の方法を試して快適なiPhoneライフをお過ごしください。

以上、「iPhoneでWi-Fiがつながらなくなったときの対処法」でした。

レポーター情報

著者アイコン
編集部
SoftBank SELECTION WEB MAGAZINE for Mobile Accessoriesは「モバイルアクセサリーで人々を幸せに」をコンセプトに、皆様の暮らしを豊かに楽しくできるようiPhoneやスマートフォンのアクセサリー情報を提案します。

このレポーターの他の記事を見る
http://blog.softbankselection.jp/blog/reporter/editing-section/

関連記事