【レビュー】タブレット時代のスタイラス Jot Dash。Evernoteで本領発揮!

0847663021948_01.JPG
スマホでメールやSNSを使い文字入力をするとき、もはやフリック入力は当たり前の機能になっている。では、フリック機能がないタブレットではどうか。筆者はメールのやり取りが多く、Bluettoothキーボードを使う機会が多いが、極力長いテキスト入力は控えて、画面タッチを中心にソフトウェアキーボードでしのぐ。そのような使い方をしている方は多いのではないだろうか。今回はタブレット活用時代のスタイラスを紹介する。

静電容量型スタイラスペン

筆者はiPad、iPad mini、Galaxy Tab、東芝タブレットを保有しているが、実動としてはiPad。これまでは必要に応じて写真のようにGriffinのゴム製スタイラスを利用していた。これといって不便も感じていなかったが、JOT DASHの使い心地には驚いた。
0847663021948_02.JPG
まず、とにかく書きやすい。グリップを保ちながら、程よい細さと重さ。ペン先が非常に細くてスラスラ書ける。通常はスリープになるので充電の持ちもよく不便さを感じない。そして、かっこよい。高級ペンに見えるデザイン。ワンクリックで起動し、書きたいときのチャンスを逃さない、書きたい気持ちを折らないスマート設計に感心。ゴム製のスタイラスは、やはり見た目がおもちゃっぽいし、ジャケットの胸元に置いておくにはいまいち。しかも書いている最中にうまく認識しないこともありストレスを感じてしまう。Jot Dashはストレスフリーだ。

付属のUSBチャージャーもスマート

0847663021948_03.JPG
0847663021948_04.JPG
充電方法もスマートだ。写真のように専用のUSBメモリのようなチャージャーでオフィスのデスク環境にもフィットする。接続部分はマグネットになっており、チャージする、使用するの切り替えもスムーズで心地よい。よく考えられている。

Evernoteで本領を発揮する

使い方の良さを写真で表現するのは難しいので、わかりやすい使用例を紹介する。まず、根本的なことだが手書き入力だ。外字や難しい漢字を使用したいときWindowsではIMEから手書き入力をしていた人は、iPhoneやiPadではどうしているだろうか。実はiOSでも利用はできる。設定 - 一般 - キーボードで「中国語(簡体字)」を使う。これで大概の漢字は認識して出てくるし、中国語圏の人たちとのやり取りや名刺管理に便利。このときスタイラスが書きやすいとストレスフリーになるのは言うまでもない。
そしてEvernote。手書きノートやメモを追加した写真をiOSやパソコンなどで共有できるので便利に利用しているはずも多いはず。さらにEvernoteのすごいところは手書きからのOCR(文字読み込み)と、そして手書き検索だ。きれいな文字でなくても、検索対象として結構ヒットするし、管理や再利用には持って来いである。まさにJOT DASHの活躍の場といえる。
0847663021948_05.jpg
タブレットの人気拡大から、EvernoteのようなAppの進化が促され、そしてスタイラスの使用シーンが増えてきている。タブレット利用に更に機動力とスタイリッシュさを求めるなら、ゴム式スタイラスから、スマートな静電容量式JOT DASHへ切り替えてみてはいかがだろうか。

new_20151009_03..JPG
▼その他Adonitスタイラスペンシリーズを見る▼
blog_btn_01_(1).jpg

レポーター情報

著者アイコン
編集部
SoftBank SELECTION WEB MAGAZINE for Mobile Accessoriesは「モバイルアクセサリーで人々を幸せに」をコンセプトに、皆様の暮らしを豊かに楽しくできるようiPhoneやスマートフォンのアクセサリー情報を提案します。

このレポーターの他の記事を見る
http://blog.softbankselection.jp/blog/reporter/editing-section/

関連記事