なくしてからじゃ遅い!スマホをなくす前にすべきこと

「あれ? スマホがない!」誰もが一度は経験したであろうスマホの紛失未遂。万が一なくしてしまった場合、自分の情報が漏えいするだけではなく、周囲の人たちの個人情報も危険にさらされます。連絡先、住所、氏名、銀行口座……スマホの中にはたくさんの重要な個人情報が詰まっています。第三者に悪用されないためにも、事前に紛失・盗難対策をしておきましょう。


個人情報を盗ませないための事前準備

2-2B_10143004155.jpg
今までスマホをなくしたことがないから紛失対策なんてしなくてもいい? ちょっと待って! ズボンのポケットから落ちたり、スマホが入ったバッグごと盗まれてしまったり、紛失や盗難の魔の手はある日突然やってきます。まずはその後の被害を最小限に抑えるために、iPhoneとAndroidで事前にできる対処法を伝授します。


1. ロック画面を設定する
2. ブラウザにパスワードを記憶させない
3. 遠隔操作できるように設定しておく
4. データのバックアップを取る


ロック画面を設定する


スリープ状態からホーム画面を表示するときに、パスコードやパターン入力をするロック画面を設定しておきましょう。機種によってロック方法の種類は異なりますが、設定画面を開きAndroidの「セキュリティ」やiPhoneの「IDとパスコード」などからロック画面の設定を行いましょう。ここで気をつけたいのが、簡単にわかるような単純なパスコードやパターンにしないこと。4桁のパスコード入力の場合、誕生日や「1234」などはNG。パターン入力の場合、「C」「L」「M」など単純なアルファベットにしないことが重要です。


ブラウザにパスワードを記憶させない


銀行のホームページやショッピングサイトのパスワードをブラウザに記憶させて利用するのは便利ですが、スマホの盗難にあった場合、他人が勝手にログインできてしまう欠点も。そこで、個人情報やお金に関わるサイトはパスワードを記憶させず、その都度入力するようにしましょう。


遠隔操作できるように設定しておく


スマホの盗難や紛失時にパソコンから遠隔操作できるのがiPhoneの「iPhoneを探す」とAndroidの「Androidデバイスマネージャー」。GPSでスマホの位置を特定、端末をロック、ホーム画面にメッセージを表示する、データ消去などの遠隔操作ができます。アプリやウェブサイト上で設定できるのであらかじめセットしておくのがベターです。


データのバックアップを取る


スマホをなくすとすべての連絡先や思い出の詰まった写真や動画も一瞬で消えてしまいます。大切なデータを失わないためにも、定期的にバックアップを取るようにしましょう。ケーブル経由でパソコンへ同期するか、クラウドストレージを利用するのも手。また、Androidの場合はスマホに直に挿せるUSBメモリーも販売されているのでパソコンがない人におすすめです。


念には念を!スマホ紛失防止グッズで完璧対策


できればスマホをなくさないのが一番ですが、毎日持ち歩くものだからうっかり置き忘れた! なんてこともしばしば。そこで、持っておくと安心なスマホの紛失防止グッズを紹介します。


首から下げておけば間違いなし

2-2C.jpg
iPhoneを肌身離さず持ち歩くならこれ。シンプルに首から下げて使うネックストラップ。Lightningコネクターに直に装着できるので、ストラップホール付きのケースがなくてもOK。紛失防止はもちろん、首から下げておくことで音楽やインターネットをサッと利用でき、バッグの奥から探し出す手間も省けます。いつもiPhoneを落として画面を割ってしまうようなズボラさんにもおすすめ。カラーバリエーションも豊富なので、家族で色違いを持つのもあり。


Simplism Lightningコネクター用ネックストラップ|SoftBank SELECTION


スマホを呼び出して探せる!

2-2D.jpg
Bluetooth経由でスマホと組み合わせて使うタグ。専用のアプリを介して、タグとスマホをお互いに呼び出す機能が搭載されています。スマホが見当たらないとき、タグのボタンをワンタッチするとスマホからブザーかバイブレーションが鳴る仕組み。スマホとタグが一定距離以上離れたらお知らせしてくれる置き忘れ防止機能も搭載。スマホがひとりぼっち状態になることがありません。さらには、電話やメールの着信をタグが知らせてくれたり、スマホのカメラシャッターのリモコン代わりにもなったりする便利なアイテムです。


RATOC Systems Bluetooth 4.0+LE対応 紛失防止タグ|SoftBank SELECTION


万が一スマホをなくしてしまったときにやるべきこと

2-2E_28144089444.jpg
紛失場所がわからず、遠隔操作設定で紛失対策を行っていない場合、スマホを発見するのは非常に困難です。第三者の手に渡って悪用されないために、まずは各キャリアのサポートに連絡して回線を停止しましょう。その後、速やかにメールやSNSなどのIDとパスワードを変更する措置が必要です。そして新しいスマホを購入したら、上記で紹介した紛失・盗難対策をとっておきましょう。


スマホの紛失は事前の対策が肝心


スマホをなくすと生活に支障をきたすだけではなく、周囲の人にも迷惑がかかるので事前の対策で回避するのが重要です。万が一、紛失した場合もスマホを見つけやすくするための準備と悪用防止の設定を併用しておけば安心です。まだスマホの紛失対策をとっていないならぜひお試しを!

以上、「なくしてからじゃ遅い!スマホをなくす前にすべきこと」でした。

関連記事