小学校必修化で注目!プログラミングを学べるおすすめスマホアプリ

2020年から小学校でのプログラミングの授業が必修化されることが決まり、プログラミング学習への注目度が高まっています。今のうちから子供にプログラミングを学ばせておきたいと考える方や、子供に教えられるようにまずは自分がプログラミングの知識を身につけたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

また、プログラミングの考え方は、論理的思考を身につけるために役立つと言われており、子供だけでなく大人にとっても有意義なスキルです。

未経験者には複雑で難しいというイメージのあるプログラミングですが、子供や初心者がスマホで気軽に学べるアプリも多数リリースされています。これらのアプリは、一般的なプログラミングで使用されているような英語を使ったプログラミング言語を使わず、視覚的にプログラムの動きを理解できるブロックなどの組み合わせで動かすことができるので、ゲーム感覚で気軽に取り組むことができます。

これからプログラミングを学びたい人におすすめのプログラミング学習アプリをご紹介します。

学校教材から生まれた本格派学習アプリ「プログラミングゼミ」

B.png

「プログラミングゼミ」は、公立小学校の1年生から3年生を対象に行ったプログラミングの授業を通じて生まれたアプリ。ブロックを組み合わせてキャラクターを動かすパズルを通してプログラミングの基礎を段階的に身につけることができます。

出題されるレベル別の問題解きながらプログラムの作り方を学べるパズルや、特定の動きや条件の作り方を個別に学ぶことのできるメニュー、学んだ知識を使って自分の作品を自由に作れるメニューなどが用意されているので、知識のまったくない状態からスタートしても、段階的にできることを増やしていくことができます。

さらに、アプリ上のエディターで自分で描いた絵や、スマホのカメラで撮影した絵や写真をキャラクターとして使い、動きを指定することで、オリジナルのアニメーションを作ることも可能。また、作った作品はアプリ上で公開することもできるので、自信作をほかのユーザーに見てもらう楽しみもあります。

アプリ内のメニューや操作に関する表示はすべてひらがなで書かれており、アプリ上で難易度のレベルを制限することで難しい問題が表示されないようにすることも可能なので、小さな子供でも使いやすいこともポイントです。

また、スマホやタブレット向けアプリのほかに、パソコン向けのアプリ(Windows)も用意されています。

プログラミングゼミ

自分でゲームを作ることができる「ポケットコード」

「ポケットコード」も、先述の「プログラミングゼミ」と同様に、ブロックの組み合わせでプログラムを作成するビジュアルプログラミング言語を使ったプログラミング学習アプリです。

自分で描いた絵や撮影した写真、スマホに保存している音楽などを使い、ゲームやアニメーションを作成できます。ビジュアルプログラミングの基礎をマスターした後に、よりオリジナリティの高い作品作りに挑戦したい人におすすめのアプリです。

アプリからは、ほかの人が作ったプログラムを新着順や人気順に見ることもでき、気に入ったプログラムはダウンロードすることも可能なので、何を作ったらよいか分からない場合は、まずはこれらを見て参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

ポケット コード: プログラミングを学ぼう(Android版のみ)

お菓子を並べてプログラムを作れる「GLICODE」

C.png

プログラミング学習アプリの中でもとくにユニークなのが、製菓メーカーの江崎グリコからリリースされている「GLICODE®」(グリコード)です。これは、グリコの代表的な商品のひとつであるポッキーを並べ、それをスマホのカメラで撮影して読み込むことで、アプリ上のキャラクターを動かせるというもの。

学べる動きは、順番にプログラムを実行する「シークエンス」、同じ動作を繰り返す「ループ」、動きを場合分けする「イフ」の3種類で、いずれもポッキーを置く向きによって実行するプログラムを指定できるしくみです。たとえば「キャラクターを右に動かす」なら、ポッキーのチョコレートのかかった側を右にして横向きに置く、「繰り返し」なら、繰り返しの開始位置と終了位置に斜め向きのポッキーを置き、その間に繰り返したい動きを置くといった形でプログラムを作成します。

アプリは段階的に難易度の上がるゲーム形式になっており、一つのステージをクリアすると次のステージに進むことができます。ポッキーの向きだけでプログラムを表現するシンプルなしくみながら、組み合わせによってキャラクターにさまざまな動きをつけることができるので、プログラミングの基本となる考え方を身につけたいけれど、ビジュアルプログラミングのアプリで挫折してしまったという方にもおすすめです。

GLICODE®(グリコード) : iPhone版

GLICODE®(グリコード) : Android版

プログラミングに欠かせないアルゴリズムの概念を学べる「アルゴリズム図鑑」

D.png

「アルゴリズム図鑑」は、プログラミングを学ぶうえでは欠かせないアルゴリズムのしくみを、アニメーションで学べるアプリ。文章で説明を読むだけでは理解しづらい概念をビジュアルで確認できるので、プログラミングの基本的な考え方を理解した後に、より踏み込んだ学習へ進むときに役立ちます。

「ソート」「クラスタリング」「リスト探索」「グラフ探索」「数学」「セキュリティ」などのカテゴリ別に分かれており、たとえばソートなら「バブルソート」「ヒープソート」「クイックソート」などの項目ごとに、解説付きのアニメーションでアルゴリズムを確認できます。さらに、「実験モード」では解説画面とは異なる条件やパターンの動きを見ることもできます。

一部のアルゴリズム見るためには有料版の購入が必要になりますが、無料で閲覧・実験できるものだけでも30種類以上用意されているので、課金なしでも十分に学ぶことが可能です。

アルゴリズムに関する知識は、「ITパスポート試験」や「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」といった各種の情報系資格試験でも求められるので、これらの資格取得をめざす人や、ITの知識を身につけたい大人にもおすすめです。アニメーションを眺めるだけで、スマホからスキマ時間に手軽に学ぶことができるので、勉強時間をなかなか確保できない人にも利用価値が高いのではないでしょうか。

アルゴリズム図鑑 : iPhone版

アルゴリズム図鑑 : Android版

定番学習アプリのタブレット版「ScratchJr」

最後は番外編として、タブレット向けのアプリ「ScratchJr」をご紹介します。これは、プログラミング学習の定番ともいえるブラウザアプリ「Scratch」のiPadおよびAndroidタブレット向けアプリです。

対象年齢は5〜7歳と、8歳以上を対象としている通常の「Scratch」より低年齢向け。プログラミングに使うブロックは文字を使わず記号だけでそれぞれの役割を示しているので、小さな子供でも直感的に操作することが可能です。

ScratchJr : iPad版

ScratchJr : Androidタブレット版

子供から大人まで、ゲーム感覚で気軽に楽しめる

プログラミング学習アプリはゲーム感覚で気軽に学べるものが多く、ほとんどが無料で利用できるので、気軽に知識を身につけたい人には最適のツールといえるでしょう。プログラミングは、一度基礎を身につければ幅広い方面で応用できるスキルなので、小学校で必修化される子供だけでなく、新しいことを学びたい大人もぜひ挑戦してみてください。

SofBank SELECTIONオンラインショップでは、プログラミングを楽しく学べるロボットも取り扱っていますので、気になる方は是非ともチェックしてみてくださいね!

◆ロボットを見る◆

blog_btn_01_(1).jpg

レポーター情報

著者アイコン
編集部
SoftBank SELECTION WEB MAGAZINE for Mobile Accessoriesは「モバイルアクセサリーで人々を幸せに」をコンセプトに、皆様の暮らしを豊かに楽しくできるようiPhoneやスマートフォンのアクセサリー情報を提案します。

このレポーターの他の記事を見る
http://blog.softbankselection.jp/blog/reporter/editing-section/

関連記事