スマートスピーカーを使うために用意するのは?連動アイテム5選

お手頃な価格で手に入やすくなってきたスマートスピーカーですが、買ってはみたものの、次にどうしたらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。スマートスピーカーと一緒に使って便利なおすすめの連動アイテム5つを紹介します。

 

家電をより便利にできるアイテムはこれ!

スマートスピーカーといえば、声でのコントロール。家電を声でコントロールできるようにしたいと考えている方には、これから紹介する4つの商品がおすすめです。どれも工事不要で簡単に設置でき、スマートスピーカーの設定と同じようにスマートフォンで完了するため、購入した当日からすぐに使うことができます。

 

コンセントに繋いでオン・オフする家電をコントロールしたいならTP-linkプラグ

B.JPG

最初に紹介するのは「TP-Link ミニ スマート Wi-Fi プラグ」です。コンセントに刺すだけの簡単な設置方法が人気で、これを利用するとさまざまな家電がスマートスピーカーを使って声で操作できるようになります。例えば、押しボタン式の扇風機やハロゲンヒーター、コンセントに刺すと通電するサーキュレーターや充電器など、「TP-Link ミニ スマート Wi-Fi プラグ」が活用できる方法はたくさん。ハンズフリーを実現できるだけでなく、節電にも繋がるでしょう。

C.JPG

実際の設置イメージがこちら。装置自体の大きさはそれほど大きくなく、2口コンセントにも使用できます。スマートフォンでも操作可能で、決まった時間や曜日にだけ電源を入れるといった使い方もできる点もおすすめポイント。スマートスピーカー対応のアイテムのなかでも安価に購入でき、手軽に使えるので最初に買うべきアイテムと言っても過言ではありません。対応しているスマートスピーカーはGoogleアシスタント、Amazon Alexaの製品になります。

TP-Link ミニ スマート Wi-Fi プラグ

ボタン操作でコントロールできるものに使えるマイクロボット・プッシュ

D.JPG

ボタン操作をあなたの代わりに行ってくれるのがこの「超小型ロボット マイクロボット・プッシュ 2nd Generation アクセサリ」。動作自体は単純で、この小さな装置の先端にある可動部が上下することで、押したり引いたりする仕組みです。小さくても強力な動きができるので、照明のスイッチやパソコンの電源、コーヒーメーカーのコーヒーを入れるボタンなどあらゆる家電で対応できます。

E.JPG

ボタン部の種類も多彩で、スマートフォンやタブレットで使える静電容量式のもの、マジックテープでくっついて押し引きどちらも対応できるものなど、いろいろな場所で使えるアタッチメントがセットになっています。複数台を連動させて使うこともでき、同時に6台までコントロール可能。対応しているスマートスピーカーはAmazon Alexaの製品です。

超小型ロボット マイクロボット・プッシュ 2nd Generation アクセサリ

電球の点灯や色まで自在にコントロールできるPHILIPS HUE

F.JPG

照明の点灯から色合いまで自在にコントロールできるのが「PHILIPS HUE(ヒュー) スターターセット V3」です。スターターセットには電球3つとそれらを操作するハブがセットになっているので、こちらの商品を買えばスマートスピーカーと繋いですぐに使うことができます。設置方法も今までの電球と交換するだけ。変更できる色はなんと1600万色で、スマートスピーカーの操作とハブのスイッチ操作の両方に対応しています。

G.JPG

照明の色の変化は気持ちにも変化を与えます。朝の目覚めからリラックスできるひととき、読書に最適な明るさなどを自在にコントロールできます。サードパーティ製のアプリを使えば、音楽に合わせてダイナミックに照明をシンクロさせ、ライブ会場のような演出も可能になります。ホームパーティーでも活躍できそうですね。対応しているスマートスピーカーはAmazon Alexa、Apple HomeKit、Google Homeの3種類です。

PHILIPS HUE(ヒュー) スターターセット V3

RATOC Systems スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

H.jpg

こちらはリモコンを一つに集約できる「RATOC Systems スマート家電コントローラ RS-WFIREX3」です。家のなかにはテレビやエアコン、ブルーレイレコーダーなど、リモコンを使う電化製品がいくつもありますが、いちいち対応したリモコンを探して操作するのは面倒ですよね。スマート家電コントローラにリモコンを登録しておくだけで、あとはスマートフォンやスマートスピーカーからチャンネル変更や電源操作ができるようになります。Wi-Fiに接続していれば、外出先からの操作も。対応するスマートスピーカーはAmazon Alexa、Google Homeの2種類です。

RATOC Systems スマート家電コントローラ RS-WFIREX3

普段の生活を便利にできるアイテムと注意点を紹介

スマートスピーカーで操作できるのは家電だけではありません。ここでは、特におすすめの「Tile Mate」の紹介とスマートスピーカーと、周辺機器の使い方に関する注意事項を紹介します

大事なものを簡単に探せるTile Mate

I.JPG

手のひらサイズの薄い板は「Tile Mate」という製品。誰でも「鍵どこに入れたかな」「会社で使うUSBストレージをなくしたかも……」と大切なものを探し回った経験がありますよね。なくしたくない大切なものにこの「Tile Mate」を付けておくと、スマートフォンやスマートスピーカー利用して簡単に見つけられるようになります。スマートスピーカーやスマートフォンから指示を出すと音で場所を教えてくれるほか、GPSで場所を特定できます。逆に「Tile Mate」のボタンを2回押すことで、あらかじめ登録したスマートフォンを探すことも可能。自分用にももちろんですが、最近スマートスピーカーを買ったという人へのプレゼントにも喜ばれるのではないでしょうか。対応しているスマートスピーカーはAmazon AlexaとGoogle Homeの2種類です。

落し物がみつかる Tile Mate(タイルメイト)/ スマートトラッカー

スマートスピーカーと対応しているか確認してから購入しよう

現在主流となっているスマートスピーカーはAmazon Alexa、Apple HomeKit、Google Homeですが、これ以外にも多数販売されています。使いたい家電が手もちのスマートスピーカーに対応しているか注意が必要です。対応していない製品は当然連動させることができず、スマートスピーカーを購入し直さなければなりません。どのスマートスピーカーに対応しているかは、商品説明やパッケージにわかりやすく記載されていることがほとんどなので、購入の際には必ず確認するようにしましょう。

まとめ

今回はどれも設置や導入が簡単で、便利さがわかりやすい商品をピックアップしました。スマートスピーカーの用途が決まっている人は、それに合わせて商品を選ぶでしょうが、「なんとなくスマートスピーカーを買ってみた」という方には、今回ご紹介した5つの商品がおすすめです。もちろん一つのスマートスピーカーに対し、いくつもの対応製品を繋いで使うことも可能。一気にそろえるのはハードルが高いので、まずは1万円以下から始められる「TP-Link ミニ スマート Wi-Fi プラグ」や「RATOC Systems スマート家電コントローラ RS-WFIREX3」、「Tile Mate」から試してみるとよいのではないでしょうか。

以上、『スマートスピーカーを使うために用意するのは?連動アイテム5選』でした。

▼他の便利アイテムを見る▼

blog_btn_01_(1).jpg

レポーター情報

著者アイコン
編集部
SoftBank SELECTION WEB MAGAZINE for Mobile Accessoriesは「モバイルアクセサリーで人々を幸せに」をコンセプトに、皆様の暮らしを豊かに楽しくできるようiPhoneやスマートフォンのアクセサリー情報を提案します。

このレポーターの他の記事を見る
http://blog.softbankselection.jp/blog/reporter/editing-section/

関連記事