【レビュー】夏の冷え性対策にも。猛暑はパーソナルエアクーラー「evaCHILL(エヴァチル)」で乗り切る!

とにかく暑い、夏がやってきましたね・・・!
クーラーの効いた部屋で過ごすことも多くなるこの季節、「クーラーで体が冷えすぎた~」という経験ある方も多いのでは?
体を冷やしすぎると、体調を崩したり、体に異常が出ることも。
そこでほど良くひんやり感を感じられる、パーソナルエアクーラー「evaCHILL(エヴァチル)」をご紹介します!

evecill_06.JPG

エヴァチル evaCHILL スマートエアコン 冷却 加湿 空気清浄機 パーソナルエアクーラー

そよそよした涼風。おかげで女性が長時間使用しても冷えない♪

使ってみた感想は、「意外に涼しい!」そして「そよそよしていて長時間使っていても寒さを感じない!」です。
ちょうどよい涼しさを感じられるのは、evaCHILLの原理に寄るようです。

原理としては夏に行われる打ち水と同じ

①ファンが回転し、evaCHILL背面から外気を吸い込みます。

水分を含んだEvaBreeze(フィルターカートリッジ)の隙間を吸気された空気が通ります。その際に水の蒸発が起こり、気化熱が奪われてEvaBreezeの温度が低下します

その温度が低下したEvaBreezeを風が通ることにより、結果的に放出される風の温度が低下します。

左右に動く首振り機能が無いのが残念なところですが、羽板を上下動かせるので直接肌に当たるが防げます。

風力は3段階で調整可能

風の強さは、弱・中・強の3段階でお好みの強さに調整可能。
風力がわかるよう、羽板に糸を付けてみました。参考にしてみてくださいね!

evechill_jaku.JPG

evechill_tyuu.JPG

evecll_kyou.JPG

持ち運び楽々

1kgも無いので、持ち運びも簡単。

evechill_04.JPG

外に運べばアウトドアに♪

モバイルバッテリーで起動するので、アウトドアや、外でのレジャーにも使えます!

evecill_03.JPG

夜寝るときにエアコンだと冷えちゃう・・・という人は、evaCHILLを枕元に。

ボタン長押しでLEDが点灯するので、癒し効果も♪熱帯夜の熱中症対策に一役かいそうですね。(タイマー機能はありません)

evecill_05.JPG

暑~いキッチンにも

ガスキッチンは火を使うから夏は余計に暑い!evaCHILLを使えば快適に料理が楽しめそう。小型だから置いておいても邪魔にならない♪

evecill_02.JPG

家計にも優しいevaCHILL

便利とはいえ、気になるのは電気代。

扇風機は10W以上の製品が多いですが、evaCHILLは5W~7.5Wと、シンプルな構造の分、消費電力も低い製品。

1kWh単価を27円と仮定して、8時間×30日とすると、1ヶ月約48円。家計にも優しいのは嬉しいですね。

evecill_07.JPG

その他のおススメポイント

★クーラーだと失いがちな湿度も保持!
水の蒸発作用を利用して冷却するので、肌の天敵・乾燥を防止します。

★エコ!
フロンガス等が発生しないので環境にやさしい。

★フィルターにカビが生えにくい素材
玄武岩由来の素材を使用しているため、バクテリアやカビの原因になる物質を含みません。

ちょっと・・・なポイント

・首振り機能がない
前述しましたが、羽板が左右にも振れればもっと良いのにな・・・と思いました。

・付属ケーブルが短い
付属ケーブルが15cm程度なので電源から離れたところで使いたい人は別途用意が必要です。

・タイマー機能がない
寝るときは付けっぱなしか、気づいたときに消すか・・・の二択に。


猛暑も快適に

女性目線で紹介してきましたが、もちろん男性にもおすすめです。
オフィスのクーラーの温度を下げたいけど、周囲に気遣って下げられない人は、自分のスペースだけ涼しくできます。

今年も予想される猛暑、evaCHILLで快適に乗り越えていきたいですね。


以上、「【レビュー】夏の冷え性対策にも。猛暑はパーソナルエアクーラー「evaCHILL(エヴァチル)」で乗り切る!」でした。

evecill_06.JPG

エヴァチル evaCHILL スマートエアコン 冷却 加湿 空気清浄機 パーソナルエアクーラー

▼商品詳細を見る▼

blog_btn_01_(1).jpg


レポーター情報

著者アイコン
リリー
汐留キラキラOLからの、キラキラワーキングママを目指して日々精進中。寝不足による加齢の進みについていけない10年目。最近の休日の過ごし方はもっぱら子供(1歳・男)と遊ぶこと。お母さん目線も入れつつみなさんにスマホアクセの魅力、お伝えしていきます☆彡

このレポーターの他の記事を見る
http://blog.softbankselection.jp/blog/reporter/lily/

関連記事