【お得なクーポン付き】「おうちカフェ」でワンランク上のコーヒータイムを♪

自粛生活が続き、「#STAY HOME」や「#おうちにいよう」「#おうち時間」など
様々なタグでおうちでの楽しみ方を広める運動がみられるようになりました。
おうちで新たに何かを始めた方も多いのではないでしょうか?
その中でもSNSで見た目もお洒落で美味しそうなスイーツとコーヒーの投稿をよく目にするようになりました。
それが最近盛り上がっている「おうちカフェ」なんです。
おうちでコーヒータイムを過ごす方も多いはず!せっかくなら美味しいコーヒーを飲みたいですよね!
そこで、おうちにいながら本格的な美味しいコーヒーをいただけるアイテムのご紹介です。

‟自分だけの究極の一杯„に出会う

聞いただけで「何々?どんな感じなんだろう?」とワクワクしてしまいます。
コーヒー好きな方でしたら胸が高鳴るのではないでしょうか?
私もその一人です!
コーヒー豆のミルから抽出までボタンひとつで行える全自動はとっても有り難いですよね。
挽きたて淹れたての一杯を手軽に味わいたいコーヒー好きにはマストアイテムな逸品。
「ツインバード 全自動コーヒーメーカー」です。
そちらの魅力をご紹介していきます!

softbank-selection_4975058445713_1.jpg

プロの技を、正確に再現

豆または粉から淹れることができ、豆の挽き具合は粗・中・細の3段階、
抽出温度は83℃・90度の2段階に調整できる抽出温度設定との組み合わせによって、
深煎りは低め、浅煎りは高めといった具合に、自分流の楽しみ方を追求できます。
ミルは低速でじっくり挽く臼式を採用しており、挽くときの摩擦熱を抑えることで、コーヒー豆の風味を保ちやすいのが特長。
豆の粒度は、コーヒーの成分の出方や濾過速度を変え、風味に大きな影響を与えます。
雑味をつくる非常に細かな微粉をできるだけつくらないことが大切。

softbank-selection_4975058445713_4.jpg

softbank-selection_4975058445713_6.jpg

五感で楽しむ。コーヒータイム

最大の魅力といっても過言ではないポイント「コーヒーができるまでの過程が見える」こと!
五感で楽しめるようなデザインが採用されているのです。
豆を挽く音。蒸らしによって豆が膨らんでいく様子。シャワードリップの湯気。したたる音。香り立つコーヒーアロマ、そして味わい。
その全てがおうちで間近で楽しめるんです。
聞いただけでコーヒーが飲みたくなってしまいますね。

softbank-selection_4975058445713_3.jpg

“コーヒー界のレジェンド”監修

自家焙煎の第一人者。東京・南千住にある「カフェ・バッハ」店主の田口 護氏。
豆量・粒度・水量・湯温・蒸らし時間・ドリッパーリブの高さなど・・・田口氏の監修によって、すべての工程を正しい作法で一つひとつ丁寧に再現。
さらにテイスティングを重ねているので、田口氏に喫茶店で淹れてもらったようなコーヒーを楽しむことができます。

softbank-selection_4975058445713_7.jpg

他にもこんな嬉しいポイントが☆

✔杯数に応じた3段階の蒸らし湯量調整機能
✔淹れたての温度をキープする保温機能付(抽出後20分間)
✔錆びにくいステンレス製ミル刃
✔取り外せるミル・メンテナンスモード搭載でお手入れかんたん
✔計量カップ・お手入れブラシ・ペーパーフィルター付

ぜひおうち時間で極上の一杯を楽しんでみてくださいね!


この度、日頃の感謝の気持ちを込めまして10%OFFスペシャルクーポンをプレゼントさせていただきます。
本レポートでご紹介した「全自動コーヒーメーカー」はもちろんのこと、
SoftBank SELECTIONオンラインショップでのお買物にぜひご活用ください。

クーポンコード:sbspj(エスビーエスピージェイ)
割引率:3,000円以上のご購入で10%OFF
有効期限:2020年9月30日まで
対象ストア:SoftBank SELECTION オンラインショップ
その他:おひとり様一回まで利用可能

■■■ クーポンのご利用方法 ■■■
https://www.softbankselection.jp/about-purchase/coupon/index.html

以上、『【お得なクーポン付き】「おうちカフェ」でワンランク上のコーヒータイムを♪』でした。

blog_btn_01_(1).jpg


レポーター情報

著者アイコン
R・K
千葉県出身。好きなものは海外ドラマとキングダムです。何十回も見るほど大好きです!
そんな自身ですが…みなさまの生活に役立つ様々なIoTやガジェットをお伝えしていきます!

関連記事