【2021年最新】スマホを高速充電できるおすすめタイプC充電器とQi・ワイヤレス充電器の選び方をご紹介

【2021年最新】スマホを高速充電できるおすすめタイプC充電器とQi・ワイヤレス充電器の選び方をご紹介

スマホの充電速度は充電器(コンセントに挿すタイプの充電アダプタ)の性能によって大きく左右されます。
最新のスマホでは高速(急速)充電が可能なタイプC(USB Type-C)形式の充電器が採用されることが多くなってきました。一方で、近年普及してきたワイヤレス充電器も手軽さが大きな魅力です。皆さんは自分のスマホに合ったタイプC充電器、ライフスタイルに合った充電方法をちゃんと選べていますか?

スマホに付属の充電器だけでは物足りなくて、家電量販店や通販で追加の充電器を買おうと思ったらいろいろな種類や価格があって、とても混乱してしまいますよね。
せっかく高いお金を出して買ったタイプC充電器が、自分のスマホに対応していなかったり、あまり充電スピードが早くなかったりしたらどうしよう…?

今回はそんなお悩みを抱える皆さんに、Softbank SELECTIONからタイプCの充電器選びのポイントと最新のワイヤレス充電器など、2021年最新のおすすめ充電グッズをご紹介したいと思います!

iPhoneも対応! USBタイプCって?


パソコンやスマホ、タブレットを始めとする様々な電子機器の接続や充電に使われてきた「USB」。そのUSBにも様々な種類が存在しますが、USBタイプCは最も新しいUSBコネクタの規格で、接続時に裏表を問わないスリムな形状の端子が特徴です。

ecre87_02.jpg

スマホではAndroidが充電ケーブルとして、いち早く取り入れたUSBタイプC。iPhoneではiPhone11 ProからUSB Type-C & Lightningという、充電器側がタイプC、端末側がLightningケーブルという独自の端子規格のケーブルによる充電方式に対応し始めました。
最新のiPhone12シリーズでもタイプCに対応した充電器や、タイプCのコネクタを搭載したPCやMacで充電ができるようになっています。

USBタイプCを含む、様々な種類のUSBの解説についてはこちらの記事がオススメ!

【関連記事】【今さら聞けない】アナタのスマホに合う充電器はどれ?SoftBank SELECTIONの充電アイテムを一挙ご紹介!

スマホを素早くチャージ! 高速(急速)充電規格「USB-PD」とは?

ここ最近で発売されたGalaxyやiPhoneなどの新機種は、「USB Power Delivery(USB-PD)」という高速充電の規格に対応していることを売りのひとつにしています。
USB-PDは、規格上は最大100Wの出力に対応しており、標準的なUSB充電器の20倍の出力に相当します(ただし、実際の充電速度は電力を供給するスマホ側の充電能力に依存します)。
USB-PDによる高速充電に対応したスマホは、同じく高速充電に対応している充電器とケーブルを使うことで、バッテリーを残量0から約30分で最大50%まで高速充電することが可能です(その後、100%に近づくほど充電速度は緩やかになっていきます)。

スマホで高速充電をするには? スマホの確認方法と充電器・ケーブルの選び方について

スマホで高速充電を行うためには、自分のスマホが高速充電に対応しているかどうかはもちろん、使用する充電器とケーブルが高速充電に対応しているかもしっかり確認しておく必要があります。

もちろん、高速充電対応のスマホを買った時に同梱されている充電器とケーブルは高速充電に対応しています。
しかし、最新のiPhone12シリーズや、2020年10月以降に出荷されるiPhone SE(第2世代)、iPhone11、iPhone XRにはそもそも充電器が同梱されておりません。
なので、そのために充電器を購入したり、予備の充電器が必要になったりした時には、購入時にケーブルと充電器が高速充電に対応しているか、しっかりチェックする必要があります。

自分のスマホが高速(急速)充電機能に対応しているかチェックしよう

自分のスマホが高速充電に対応しているのか、普通充電なのかも気になる点ですよね。
実際のところ外観からそれを判断する方法はないのですが、ここ2〜3年で発売されたスマホで、充電方式がType-Cのものであれば大抵はUSB-PDによる高速充電に対応しています。

例えばiPhoneの場合、iPhone8以降が高速充電対応となっており、Galaxyではs8以降、Pixelでは3以降が対応しています。念の為、充電器を購入する際は自分のスマホが高速充電に対応しているかはチェックしておくようにしましょう。

高速充電に対応していない場合、高速充電に対応した充電器とケーブルを使用しても通常のスピードでしか充電されません。

Androidで高速充電をするには?


USB-PDによる高速充電機能を搭載したAndroidをお使いの場合、「USB-PD対応のUSBタイプC電源アダプタ(充電器)」と、同じく「USB-PD対応のタイプCケーブル」を使うことで高速充電が可能になります。

せっかく充電器が高速充電に対応していても、ケーブルが対応していなければ充電速度は低下してしまいますので、気をつけましょう。

iPhoneで高速充電をするには?


iPhoneの場合、iPhone8以降の機種に高速充電機能が搭載されており、「USB Type-C & Lightningケーブル」と「18W以上の電源アダプタ」または「USB-PD対応の電源アダプタ」を使うことで高速充電が可能になります。

気をつけたいのは、iPhone12シリーズで高速充電を行うためには「20W以上のUSBタイプC電源アダプタ」が必要という点です。
iPhone 11 ProやiPad Proに付属の18Wの電源アダプタでは、iPhone12シリーズでは最高速度での高速充電ができないので注意しましょう。

自分のスマホに合った充電器とケーブルを使っているのに充電が遅いという場合は、こちらの記事で解決のヒントを紹介していますので、ぜひご一読くださいね。

【関連記事】スマホのお悩み解決!充電が遅い原因と対処法

Softbank SELECTIONおすすめ タイプC充電器


高速充電にも対応した、Softbank SELECTIONおすすめのタイプC充電器をご紹介いたします!


SoftBank SELECTION USB PD対応 USB Type-C™ 急速充電 ACアダプタ


ecre87_03.jpg

USB-PD対応USBタイプC充電器ならこちらがおすすめ!


最大27W相当の大出力で急速充電を行うことが可能ですので、タイプC形式の急速充電対応スマホをお持ちの方はこちらの充電器をお買い求めただければまず間違いはありません。もちろん、急速充電に対応していないタイプC形式のスマホでも充電を行うことが可能です。
一点、こちらはタイプCケーブル一体型のモデルのため、iPhoneの充電には使えませんのでご注意ください。

Apple純正 20W USB-C電源アダプタ

ecre87_04.jpg

iPhoneの高速充電には、Apple純正品がおすすめです。別途 SoftBank SELECTION USB Type-C Tough Cable with Lightning Connector などのUSB Type-C & Lightningケーブルを合わせてお買い求めいただくことで、高速充電に対応したiPhone8以降のiPhoneで高速充電が可能になります。20Wの大出力で、iPhone12シリーズの高速充電にも対応しています。Apple純正品ですが、通常のType-CケーブルPGA TYPE-C USBケーブル充電器 を使うことで、Androidでも20Wまでの高速充電が可能になりますよ。

無線充電で充電も楽々! ワイヤレス充電「QI」

ecre87_05.jpg

スマホの充電方式として、ここ数年で対応機種がどんどん増えているワイヤレス充電も見逃せません。ワイヤレス充電では「Qi」という規格がとてもメジャーで、iPhone8以降のiPhoneや多くのandroidで採用されています。読み方は「チー」といいます。

無線という性質上、急速充電対応モデルでも前述のUSB-PDほどの速度は出にくく、充電中は操作しにくいという欠点はあるものの、置くだけで充電でき、ケーブルの抜き差しの煩わしさや、ケーブルを繰り返し抜き差しすることによる断線のリスクから開放されるワイヤレス充電は欠点を補って余りあるメリットがあると言えますよね。

ワイヤレス充電器を選ぶときは、基本的には出力ワット数がより大きい、10W以上のものを選ぶと高速に充電ができるので良いでしょう。あるいは充電速度は二の次で、インテリアと割り切っておしゃれなデザインのものを選んでみるのもおすすめです。
ライフスタイルに合わせて、自分にぴったりのワイヤレス充電器を探してみましょう。

ワイヤレス充電を行うときは分厚いスマホケース、リングなどのアクセサリを着けている状態ですと充電が正常に行われなくなる場合があるので注意が必要です。
ワイヤレス充電を導入する際には、それに合わせてカバー選びをすることも大事ですね。

SoftbankSELECTIONおすすめ 2021年最新 QIワイヤレス充電器

高速充電対応の実用的なワイヤレス充電器から、インテリアにぴったりのおしゃれなワイヤレス充電器まで、Softbank SELECTIONおすすめのワイヤレス充電器をご紹介いたします!

Qi規格対応製品なら、無線充電対応モデルのiPhoneが充電できるのでおすすめです。

ecre87_06.jpg

多摩電子工業 ワイヤレス充電器 10W

こちらのQi規格に対応した多摩電子工業製ワイヤレス充電器は薄型のシンプルなデザインで人を選びません。
最大10W(Apple製品は7.5W)の高速充電に対応しており、ワイヤレスでありながら高速なバッテリー充電を可能にしています。

ecre87_07.jpg

HACRAY Twist 360°スピーカー搭載 ワイヤレス充電器

こちらはスタンドタイプのワイヤレス充電器で、デスク周りを省スペースにしたい方や、充電しながら通知を見たり、ビデオ通話をしたりしたい、リモートワークの方におすすめのモデルです。10W(Apple製品は7.5W)の急速ワイヤレス充電に対応しているのはもちろん、高音質のBluetoothスピーカー内蔵で音楽再生にも使えます。

まとめ

高速充電に対応したUSBタイプC充電器とケーブルの選び方、ワイヤレス充電のメリット・デメリットとQi規格について解説し、Softbank SELECTIONイチオシの最新充電アイテムをご紹介いたしました。いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事のポイントをもう一度おさらいしてみましょう。
・自分の使っているスマホが高速充電に対応しているかチェック
・充電器とケーブルはUSB-PDに対応した高速充電モデルを選びましょう
・ワイヤレスQi充電は置くだけで簡単充電!10W急速充電モデルがおすすめ

自分にあった充電方法を選んで、快適なスマホライフを送ってくださいね!

--------------------------------------
コード:sbswm(エスビーエスダブリューエム)
割引率:3,000円以上のご購入で10%OFF
有効期限:2021年3月31日まで
対象ストア:SoftBank SELECTION オンラインショップ
https://www.softbankselection.jp/cart/top.aspx

※おひとり様1回まで利用可能

■■■ クーポンのご利用方法 ■■■
https://www.softbankselection.jp/about-purchase/coupon/index.html
--------------------------------------

以上、「【2021年最新】スマホを高速充電できるおすすめタイプC充電器とQi・ワイヤレス充電器の選び方をご紹介」でした。

▼その他のおすすめ商品も見る▼

blog_btn_2021.jpg

関連記事